THE TOKYO TOILET / MILANO

❶ Duomo Metro Station ❷ Triennale Design Museum ❸ Uniqlo Piazza Cordusio

07-12 JUNE 2022

Public toilets are an essential part of urban infrastructure. To change the stigma attached to public restrooms, The Tokyo Toilet project invited 16 renowned creators to redesign 17 public toilets around Shibuya. Transforming these hidden sanitary facilities into alternative art spaces, had a remarkable impact on the everyday lives of Tokyoites.

For the Salone, SKWAT—an artist collective from Tokyo—teams up with Japanese artist DAIDO MORIYAMA and graphic designer Satoshi Machiguchi, to introduce The Tokyo Toilet to Milan.

Part of the temporary art installation inside a public toilet and two other venues throughout the city of Milan, is DAIDO MORIYAMA’s most recent photo series, which documents the toilets’ transformation in Tokyo. Another element of the installation is a special toilet paper and photobook that uses his photos and will be handed out to visitors.

Hoping to have a lasting impact on the public infrastructure of the city, the latest TOTO toilet models got installed inside a designated metro station toilet. The toilets will be donated and kept in place after the end of the Salone. Their maintenance will be continued for the time being.

Drop by, have a look, and take a seat

公共トイレ。

それは日常にあふれた存在ではあるが、都市インフラにおいて非常に重要な要素の一つでもある。THE TOKYO TOILET プロジェクトは、公共トイレの新しい価値創造のため、16人の著名なクリエイターを招き、渋谷区にて17箇所の公共トイレの再設計に取り組んだ。

衛生施設として人々の生活を支えてきた場が、誰もみたことのないアートスペースとして新たな役割が付加されたことで、東京の日常に大きな影響を与えている。

サローネの期間中、アーティストコレクティブSKWATは、写真家の森山大道、グラフィックデザイナーの町口覚と共に、THE TOKYO TOILETをミラノの日常にもたらす「THE TOKYO TOILET / MILANO」を、ミラノ市内の公共トイレや美術館等にて実施する。

THE TOKYO TOILETをドキュメントした森山の写真作品を素材化させ、時限的なアートインスタレーション / フォトブックのパブリケーション / スペシャルトイレットペーパーの制作まで、多様な手法を用いた展開を行なっている。

この運動自体が永続的な価値を与えていけることを期待し、サローネ終了後もアートインスタレーションにて設置された最新版のTOTOトイレはそのままミラノ市に寄贈をされる。

INSTALLATIONS

❶ A Public Toilet inside Duomo Metro Station

9:00-20:00 / P.za del Duomo, 20122 Milano MI, Italy

The temporary installation inside the public toilet of Duomo Station shows DAIDO MORIYAMA’s most recent photo series in an unconventional way. Incorporating his photos that document The Tokyo Toilets’ transformation, SKWAT created a site-specific art installation in the most overlooked urban space within the city of Milan: A public toilet inside the Milan metro station.

Focussing on what already exists, the photographs are stuck on top of the old bathroom tiles, respecting the history of the space and proposing new perspectives through addition. The red colour dominating the installation is intended to redefine the existing values and elements found on site.

To share the unique toilet user experience from Tokyo, the latest TOTO toilet washlet models—similar to the ones used in Tokyo—are installed inside this Duomo Station toilet.

Hoping to have a lasting impact on the public infrastructure of the city of Milan, the toilets will be donated and kept in place after the end of the Salone. Their maintenance will be continued for the time being.

THE TOKYO TOILETの変容を記録した森山大道の写真を建築資材として転換し、ミラノ市内で最も見過ごされている都市空間(=ミラノ市の地下鉄DUOMO駅内の公衆トイレ)に対し、サイトスペシフィックなインスタレーションを展開し、公共トイレの価値転換を起こしていく。

既存のトイレを壊しデザインを刷新するのではなく、既存に寄り添いながら最小限の行為で最大限の効果をもたらすことを目的とし、写真データを既存タイルに融合させ新たな素材を創出するなど、時間軸に対して重層性を与えるアプローチを採用した。空間全体を包み込む「赤」は既存のエレメント、風景を拡張させている。

東京の清潔で安全なトイレを共有するため、最新のTOTOトイレウォシュレットモデルがこのDUOMO駅にも設置される。ミラノ市の公共インフラに対して長期的な効果を与えることを望み、設置されたトイレ自体は寄贈され、サローネ終了後も継続されていく。

❷ Triennale Design Museum

11:00 - 21:00 / Viale Emilio Alemagna, 6, 20121 Milano MI, Italy

The installation at Triennale Milano showcases thirteen 1:1 scale segments of the toilets from The Tokyo Toilet project. These sculptures are installed in ways to resemble the typical narrow alleys of Tokyo and provide an extensive introduction to all The Tokyo Toilets that have been built so far, including a 3D experience by ARCHI HATCH.

Sharing a similar vision with Triennale Milano, we would like to jointly examine more innovative ways of thinking and create a platform for the exchange of different cultures in a single place.

DAIDO MORIYAMA’s unique observations in the form of a photobook and special toilet paper are also part of the installation.

Triannale Design Museumでのインスタレーションは、THE TOKYO TOILETの12カ所のトイレを1:1スケールで断片的に切り取った彫刻作品として展示していく。

これらの彫刻は、東京の典型的な狭い路地を彷彿させ、内包されたARCHI HATCHによる3D映像を含め、すでに東京で展開されているTHE TOKYO TOILETの公衆トイレを体感させるものである。

Triannale Design Museumと同様のビジョンを共有しながら、日本とイタリア、異なる文化が相互作用していく場を目指した。

また来訪者には、森山大道の新たな試みとして制作されたトイレットペーパーや写真集を自由に持ち帰ることが促され、それも展示のインタラクション表現としている。

❸ Uniqlo Piazza Cordusio

10:00 - 20:00 / Via Cordusio, 2, 20123 Milano MI, Italy

In addition to designing impressive public toilet facilities, The Tokyo Toilet project believes that providing a comfortable user experience through cleaning and maintenance is equally important.

The installation at UNIQLO Duomo, focuses on the maintenance procedure that is a fundamental part of The Tokyo Toilet project.

On display is the original uniform of The Tokyo Toilet cleaning team, designed by NIGO ®, alongside cleaning tools and products from Japan, and the special toilet paper created with DAIDO MORIYAMA’s Tokyo Toilet photo series.

The cleaning goods that can be seen in the garden space, share a quality that goes beyond their merely functional use, thus inviting the viewer to subtlety change the notion of these everyday tools.

THE TOKYO TOILET(以下TTT)のフォーカルポイントとして、クリエイターによる新たな公衆トイレの表現に加え、清掃やメンテナンスという場を快適に保つ働きが非常に重要であると考えている。

そこで、UNIQLO DUOMO店でのインスタレーションは、その清掃とメンテナンスに焦点を当てた。

展示されているのは、NIGO®がデザインしたTTT清掃員のオリジナルユニフォームや、森山大道の写真データがプリントされたトイレットペーパー、そして実際にTTTの清掃時に使用されている日本製の掃除用品である。中庭の空間に展示された掃除用品は、ただの日用品とはまた別の角度からその価値を捉えることができるだろう。

PUBLICATION

Photobook

Photo: DAIDO MORIYAMA
Art Director: SATOSHI MACHIGUCHI
Print: SEIKO PRINTING
© SWITCH PUBLISHING

PRODUCTION

Special Toilet Paper

Photo: DAIDO MORIYAMA
Art Director: SATOSHI MACHIGUCHI
Print:CORELEX SHINEI
© SWITCH PUBLISHING+