SKWAT/TAU-環 Vol.1

2022 MAY 24 - 2025 MAR 31

多摩美術大学環境デザイン学科 デザイン3課題

"Add the value to a void in society"

はじめに。

現代社会の中で美術・デザインが果たすべき役割とはなんなのだろうか。
時代が変われば社会から求められるものが変わり、それに呼応して表現すべきことも変わっていく。そして今、それを学ぶべく美術大学自体の学びの質が、まさに問われているのではないだろうか。

今回の「SKWAT/TAU-環」の取り組みは、多摩美術大学環境デザイン学科との協働プロジェクトであり、授業を通じ、その学生たちの「ものを作る」というこれまでの思考性を限りなく拡張させ、そこから生み出された彼らの表現を実社会にまで持っていき問うてみる、といった大学完結型ではない授業内容・形態を採用し、社会によりコミットし得る実験的な機会を設けてみた。

環境デザイン学科3年生を対象とした「コトのデザインからモノのデザインまで」という授業(社会のVOIDをそれぞれの解釈で見つけ出し、そこに新たな価値の転換を起こすための一貫した表現方法とは?)を行い、その課題で上がった学生の生々しい声・表現を、愚直に「動画」を通じて社会に投げ掛けていくというところから、まずはこのプロジェクトのスタートとさせた。
これはまだまだささやかな第一歩ではあるが、これをきっかけとして今後、着実にこのプロジェクトが社会に対して大きな影響力を及ぼすような、そんな運動になってくれたらと願っている。

What role should art and design play in modern society?
As the times are changing, the demands of society will change, and in response, what should be expressed will change. Therefore art schools should consider these demands and reflect upon their method of teaching as well.
This “SKWAT / TAU-DAED” initiative, is a collaborative project with the Department of Architecture and Environmental Design of the Tama Art University. Through classes, the students are asked to rethink the current creative process by including their own points of view.
The course content is not an archetypal university course. It is a rather experimental approach, that attempts to use the student’s individual expressions and spread them to the real world, to provide an opportunity to be more engaged with society.
The course is aimed at third-year students of the Department of Architecture and Environmental Design and explores what a consistent expression or method for finding out a void in society could be. It also examines how to add value to a void, creating a new shift of values. The lively voices and expressions of the students are thrown straight into society through videos.
This is a first small step, hoping that it will steadily become a movement that will have a great impact on our future society.

Project Leaders

* 湯澤 幸子 / Sachiko Yuzawa
多摩美術大学環境デザイン学科 教授 / Professor at TAU DAED

* 中村 圭佑 / Keisuke Nakamura
多摩美術大学環境デザイン学科 非常勤講師 / Part-time teacher at TAU DAED
SKWAT 代表   DAIKEI MILLS 代表

Official Website_ 多摩美術大学環境デザイン学科/TAU DAED

____________________________________________

STUDENT PRESETATIONS

01_関建人 / Kento Seki

渋谷スクランブル交差点。都心の中心地をどこまで一般に開放された場に戻していけるか。
既に存在する(機能を持った)地下鉄への下り口に対し、通常よりもスケールアウトさせた広場のような下り口を設けることで、非形式的な場の価値が生まれ、「下らせる」という一つの機能から、無限の機能を導き出した。

02_鉄穴口友李 / Yuri Kannaguchi

誰もが一度は「持て余す」という状態を電車での移動時間に感じたことがあるだろう。
その空白の時間に別の価値体験を付加することで、生活における各々の時間軸に変化が生じるのでは。
交通機関のシステムへの介入。

03_鈴木佳菜 / Kana Suzuki

規制が多く自由が損なわれているのではと考える、町の「路上」に対し、自由を取り戻すため/新しい路上文化を創る目的としての活動。
「新宿西口」を今回のフォーカルポイントとし、その場の歴史を紐解きながら適切な回答を追い求めた。

04_入江理沙 / Lisa Irie

雨の日に感じるネガティブな感情を一つのvoidと捉え、そこに対し主観的感情を皮切りに公共性に富んだデザインを導き出した。
合理性から距離を取り、ロマンティシズムにあふれたエフェメラルな表現。

05_山本悠野 / Yuya Yamamoto

公共空間にて普段目にしていたり使用しているものに対し、場としての違和感を加えることによって、日常の生活に良い変化をもたらす。
移動先のアイコン等としても、その街のキャラクターを助長するものとなる。